子育てとの両立で時短からスタート。さまざまな経験がコールセンターの仕事につながっています。

子育てと仕事をバランスよく両立して、キャリアもしっかり積み上げていきたい。誰もが憧れるライフスタイルです。しかし、子育てや仕事だけではなく、さらにキャリアもとなると、まさにスーパーウーマンという感じで、なかなか手が届かない、と感じる方もいらっしゃるのではないではないでしょうか。

今回は2人の息子さんの子育てをしながらトランスコスモスに入社して、息子さんたちの成長とともにご自身のキャリアアップを果たした山本さん(仮名)さんにお話しを伺いました。

子育てと仕事、バランスをとって見守る工夫を

子どもは敏感だから、親が仕事ばかりだと熱を出したり、体調を崩したり。遅くなる日、早く帰る日のメリハリをつけて子どもに過度なストレスがかからないよう心を配っています。

特に私が大切にしているのは、仕事と家庭のバランスです。

仕事面でいうと、当たり前のことですが、業務に穴をあけないことを大切にしています。たとえば、子どもの参観日には前もって仕事のスケジュールを調整して影響がないよう、時間をやりくりしています。参観日の当日は、半休をとって参加するようにしていますが、学校行事に参加することで、学校での子どもの様子が分かるし、親同士のつながりもできるので困ったときにはまわりの親御さんに助けていただいています。

トランスコスモスで働くメンバーの中にも、小さなお子さんを抱えながら仕事と家庭を両立しているメンバーがたくさんいますので、引け目を感じたりせず、自分らしく伸び伸びと働くことができます。同じ経験を持つママ仲間がいることが、仕事を続ける励みにもなっています。

さまざまな経験が正社員へのチャンスに

最初は、沖縄で勤務していたのですが、当時は次男がまだ小さく、時短シフトからのスタート。その後、家庭の事情で引っ越しし、現在は関西エリアで勤務しています。

当社のいい所は、「やりたい!」と思ったことを最大限に応援してくれること。再入社後に提案した、ファイナンシャルプランナーの勉強会が、メンバー1人ひとりの知識向上につながり、クライアント企業様に大変、ご好評をいただいております。

結果的に、この経験が私を研修担当に導き、さらに正社員へのきっかけとなっています。

ファイナンシャルプランナー取得のための勉強会は、私自身が資格を取得したことがキャリアアップにつながったので「意欲のある人の力になりたい」「キャリアアップのチャンスを作りたい」と考えてスタートしたことです。また、仕事を通して成長できることが長く勤めていただける理由になっています。今後も、メンバーの知識の幅を広げるため、さまざまな施策に取り組んでいきたいと思います。

仕事を通して成長を実感

同じお金を扱う業務でも、銀行業務は黙々と着実に仕事をする方が向いていて、証券業務は株価の変動に応じてお問い合わせの数も変動するので、様々な変化を楽しめる人の方が向いているな、と思います。銀行業務も、証券業務もどちらも経験して、お金に関するいろんなことを吸収したいという方にも、コンタクトセンター・コールセンターの仕事は、かなりおすすめです。

私がそうだったように、子育てや結婚でブランクがあるという主婦の方にも、コンタクトセンター・コールセンターの仕事は、時短から始められるのでおすすめです。入社当時、まだ幼かった次男は、中学生(※取材当時)に成長して、最近は手がかからなくなりました。正社員になってからはフルタイムで働き、息子たちの成長とともに私自身の成長も実感しています。

最初は契約社員としての採用となりますが、無期雇用制度もあるので、長く働きたいという方々にも、安心して働いていただける職場です。

仕事を通して成長を実感

※記事内容・プロフィールは2020年8月の取材当時のものです。

トランスコスモスでは、コールセンター・コンタクトセンターで一緒に働いてくださる仲間を募集しております。募集中のお仕事については、トランスコスモス求人サイト「Work it!」をご覧ください。

関西エリアでのお仕事の相談はこちらからどうぞ!
※仕事内容、シフト、休日…あなたに合う仕事についてご相談ください!お電話でお問い合わせの方は、0120-314-991におかけください。
※「トラコミ」の記事を見た!とお話しいただけるとスムーズです。
※他のエリアにお住いの方は、ページ下のリンク先から詳しい情報をご覧いただけます。

この記事をシェアする

コンタクトセンターにご興味のある方は、こちらへ
北海道(札幌)仙台首都圏(横浜)
西日本福岡大分宮崎沖縄