トランスコスモスのコンタクトセンター「面接の質問大公開」

転職すると決めて、職種や求人を見つけると、次は面接対策です。どんなことを聞かれるのか、何を準備すればいいのかがわからないと不安ですよね。そこで今回は、トランスコスモスのコンタクトセンターが「面談」の際に使っている面接シートの内容の一部を大公開いたします。面接官のチェックポイントと、当日お聞きすることも最後に載せていますので、ぜひご覧ください。

トランスコスモスは、面接ではなく「面談」を実施

面接というと、人事担当者にアレコレ質問され、緊張しながら答えるイメージがあるかもしれませんが、トランスコスモスのコンタクトセンターは一般的な面接を実施しておらず、「面談」を行っています。

トランスコスモスの面談では履歴書は必要ありません(お仕事により異なる場合もあります)。代わりに事前にプロフィールシートにご自身のことを記入していただき、その内容に基づいて話を進めます。いわゆる面接を行わない理由は、それぞれの転職の動機や希望条件、仕事に求めることなどを、リラックスして率直に話していただきたいからです。

また、面談はこちらから一方的に質問をして答えていただくだけでなく、トランスコスモスのコンタクトセンターについて知りたいことを聞いていただく場でもあります。お互いが理解を深め、納得して採用や就業を決めることで、スムーズにお仕事を始めることができると考えています。

コンタクトセンターの採用担当者は、こんなところを見ています。

とはいえ、担当者は面談を通じて、それぞれの方がコンタクトセンターでうまく働けるかどうかを確認しています。担当者が気にしているポイントは、現場で使用している面談シートを見るとわかります。

ここからは、面談シートにある質問項目をご紹介します。全国の拠点によって個別の質問内容は違いますが、重視しているのは下記となります。一般的な内容ばかりですが、実際に使用している面談シートの内容ですので、ぜひ参考にしてください。

・ポイント1 第一印象と面談する際の姿勢
・ポイント2 コンタクトセンターに合っているか?
・ポイント3 過去のお仕事経験
・ポイント4 仕事に求めるもの・希望条件を整理

ポイント1 第一印象と面談する際の姿勢

面談で最初に大切にしているポイントは、第一印象です。コンタクトセンターは対面での接客のようにお客様は目の前にはいませんが、「コミュニケーションを取る」という部分では同じです。そのため、清潔感がある身だしなみ、礼儀正しい挨拶、明るい印象を大切にしています。

清潔感とは何か?と思うかもしれませんが、例えば洋服がシワだらけではない、シミがない、髪の毛に寝ぐせがついたままになっていない、靴が泥だらけではないなどです。

礼儀正しい挨拶、明るい印象については、「〇〇と申します。よろしくお願いいたします」と明るいトーンの声で言えればOKです。ここで少し笑顔があるとより良い印象になります。

面談が始まってからは、言葉遣いや礼儀正しさ、敬語が使えるかなどを見ています。すべてが完璧でなくても大丈夫です。大事なのは、丁寧に話そうとする気持ちや基本的なマナーです。

次に重視しているのは、「話し方と聞き方」です。聞き取りやすい話し方か、相手の話をしっかり聞く姿勢があるか。わかりやすく話せるか、質問に対する答え方が適切かです。

こちらも、極端な早口や、スローすぎる話し方だったり、質問と関係ない話を長く続けたりしなければ、充分クリアできます。

ポイント2 コンタクトセンターに合っているか?

コンタクトセンターのお仕事は、お客様の困りごとを解決しようとする責任感、チームとしてサポートし合うための協調性、積極的に対話しようとする姿勢などが大切になってきます。

加えて、お問い合わせ内容を冷静に把握し、的確に応対することが求められ、緊張感を持った対応が必要であるため、ストレス耐性も必要です。しかし、お客様のおっしゃっていることを把握し、的確にお答えするのはコールセンターに限ったことではありません。

違いは顔が見えるか見えないかです。顔が見えない分、よりお客様の言葉に耳を傾ける必要があります。

また、電話応対は、最初から上手くできるものありません。例え経験者であっても最初は言葉につまり、内心はあせってしまうものです。

成功と失敗を繰り返して経験を積んで、少しずつスキルを身につけていくために、上手く話せるようなりたい、こういう言い回しはどうか?と考える、探求心や学習意欲が高い人ほどうまくいく仕事でもあります。

コンタクトセンターに合っているかは、これまでのご経験を伺いながら、確認しています。気になる点がありそうな方には、実際の仕事内容を率直にお伝えして、やってみようと思えるかどうかをお聞きすることもあります。

ポイント3 過去のお仕事経験

コールセンターやコンタクトセンターは、未経験からでも活躍できるお仕事です。未経験だからといって、マイナスにはなりませんのでご安心ください。

コールセンターが未経験の方には、これまでのお仕事経験、前職の内容、退職理由、トランスコスモスで働きたいと思った理由などをお聞きしています。

また、仕事を通じて成長を実感できたこと、身に付けたスキルなどがあれば、ぜひお聞かせください。なぜなら、コールセンターで活かせる経験は意外にもたくさんあるからです。

担当者は、ご自身が活かせると思っていない経験から、活躍できるプラスのポイントを見つけ出そうとしていますので、ぜひ教えてください。

過去のご経験をお伺いする以外に、地域やお仕事内容によっては、タイピングテストや簡単なロールプレイングを行う場合があります。

パソコンでの文字入力に自信がない、最近触っていない…と不安に思う方は、インターネットで「タイミピングテスト・無料」などの言葉で検索すれば、練習できるサイトがありますので試してみるのも1つの手です。

タイピングは回数を重ねれば自然と上達するものですので、自分にはできないと決めずに、チャレンジしてみると良いかもしれません。

ポイント4 仕事に求めるもの・希望条件を整理

希望の勤務条件についても細かく確認しておきましょう。例えば、勤務時間、勤務日数、シフト、残業の有無、時給、出勤できない曜日や固定休みなどです。

希望条件の中から、必ず押さえたい条件と、できれば実現したい条件については、事前に整理しておくと会話がスムーズに進みます。

事前に整理していただいた情報をもとに、トランスコスモスのコンタクトセンターの就業条件や働く環境について、知りたいことや確認しておきたいことがあれば、ぜひ当日お伝えください。

新たな準備は必要なし。ご自身のことを率直にお話しください。

担当者からする質問事項の多くは、実際に働き始めてから「想像と違った…」と悩むことがないよう、お互いのために事前に確認しておきたいポイントです。

転職のマニュアルなどでよくいわれる面接対策は必要なく、ご自身のことを落ち着いてお話しいただくことを大切にしています。

コールセンターやコンタクトセンターのオペレーターは、お客様の疑問や悩みを解決して、喜んでいただけて役に立てるお仕事です。

未経験でも、「別の職場でも役立つコミュニケーション力を磨き、自分の強みにしたい」、「長く働ける環境でがんばりたい」という気持ちがあれば、活躍できるお仕事でもあります。

それでは、最後にポイントをまとめてお伝えいたします。

100%見ているのはココです!

<見た目>身だしなみが整っているか/清潔感があるか

<言葉遣い>礼儀正しい挨拶ができているか/明るいトーンの声で挨拶できているか/敬語が使えているか(少しぐらい間違っていても問題なし!)

<姿勢>ところどころ視線を合わせているか/相手の話を聞くことができているか(相手の言葉を遮らずに落ち着いて話せば大丈夫)

<話し方>相手にとって聞き取りやすいスピードで話せているか(焦らずに聞き取れる速さで・・)/質問に対する回答がずれていないか(伝えたいことがたくさんあっても、答えから先に伝えると話がわかりやすくなります)

よくある質問はこれ!

●志望動機をお聞かせいただけますか?

●長所と短所を教えていただけますか?

●コールセンターで働いたことはありますか?

●事務のご経験はありますか?

●前職ではどのようなことをされていましたか?

●退職理由を教えていただけますか?

●就業条件に関すること(週何日働けますか?何時までご勤務可能でしょうかetc)

●現在の就職活動状況について可能な範囲で教えていただけますか?

いかがでしょうか。トランスコスモスのコンタクトセンターは、転職すると決めていなくても、面談を受けていただけます。興味がある方は、最寄りの拠点にお問い合わせください。

この記事をシェアする

コンタクトセンターにご興味のある方は、こちらへ
北海道(札幌)仙台首都圏(横浜)
西日本福岡大分宮崎沖縄