正社員登用制度を活用!契約社員から正社員にステップアップすると何が変わる?

契約社員、アルバイト・パートから正社員になることができる「正社員登用制度」。業務内容や社内の雰囲気を理解した状態で正社員になれるという働き手側のメリットに加え、即戦力を採用できるという企業側のメリットもあり導入が進んでいます。

厚生労働省の「労働経済動向調査」(令和5年2月)によると、77%の企業に「正社員登用制度」があることがわかりました。しかし、登用制度がありながらも過去1年間に登用実績があった企業は39%。約半数の企業では正社員登用制度があっても実績がないことがわかります。将来的に正社員になることを考えているなら、実績がある会社を選びたいものです。

さて、契約社員から正社員にステップアップすると、就業条件、仕事内容、将来のキャリアはどのように変わるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

就業条件

・勤務時間

契約社員としてフルタイムで働いていた場合、正社員になっても勤務時間に差はありません。1日5時間、週4日などフルタイム以外で働いていた人は正社員になると勤務時間が増えることになるでしょう。

休日や休暇の日数も基本的に大きな変化はありません。ただ、正社員のみを対象とした独自の休暇制度がある企業の場合、正社員になることで休暇が増えることがあります。

・収入

正社員は月給制や年俸制が一般的です。契約社員で時給制だった場合、祝日が多い月の月収が少なくなりますが、正社員にはそのような心配は不要です。ボーナスや退職金の制度があればもらえる可能性が高く、定期昇給も期待できるため全体的に年収は増えるといえるでしょう。

・雇用期間

契約社員は雇用期間が決まっている有期雇用です。契約期間終了後、企業、契約社員の双方が継続を希望しなければ雇用関係は終了します(無期転換の条件を満たしているが、申し込みをしない場合)。一方、正社員は契約期間の定めがない無期雇用。自らが退職を申し出ない限り、定年まで働き続けることができます。

・福利厚生

健康保険、厚生年金、雇用保険などの社会保険に関しては、利用できる条件を満たしていれば契約社員、正社員でも大差はありません。一方、住宅手当や子育て支援、社員旅行などは企業によって状況が異なります。制度があっても正社員のみが対象となる場合もあるようです。

キャリア

契約社員の場合、就業前に仕事内容がおおよそ決められており、急に違う仕事を依頼されることや異動は基本的にありません。そのため自分の能力やスキルにあった仕事を続けることができます。残業も少なく、ワークライフバランスがとりやすい働き方です。

一方、正社員は業務内容に制限がありません。組織の一員として、さまざまな仕事を経験してキャリアアップしていくことが期待されています。大きな裁量を持ち、自分で仕事を作り出していく、動かしていくという楽しさを味わうことができます。

その分、希望しない部署に配属されたり、やりたい業務ができなかったりと苦労が伴うこともあります。負荷がかかる仕事や責任が重い仕事を早い段階から任せられることが多いほか、異動や転勤となることもあります。

将来の姿

契約社員は、有期雇用のため、5年以上同じ企業で働くと無期雇用に転換できる「5年ルール」の対象です。企業に申し出れば無期雇用に切り換えられますが、正社員とは限らず、契約社員のままというケースがあるので注意が必要です。無期雇用の契約社員になると雇用は安定するものの昇格・昇給は難しく、同じ仕事を長く続けるといった単調さがあります。

正社員は、企業側も成長を期待して仕事を任せるため、キャリアアップのチャンスに恵まれています。新しい仕事に次々と挑戦し、やりがいも十分に感じられるでしょう。実績を上げれば昇給・昇格が期待できるほか、キャリアパスが明確になっている企業では年次研修などもあり、着実にステップアップできる環境が整っています。

トランスコスモスは正社員登用制度があり、実績も豊富

ここからは、トランスコスモスのコンタクトセンターのお話です。正社員登用制度があっても上司の推薦が必要など、活用が難しい企業もあります。トランスコスモスのコンタクトセンターは公募制で、条件を満たせば誰でも応募することができます。

求人が多い契約社員からスタートして少しずつ仕事を覚え、「チーム運営に関わりたい」「スーパーバイザー(SV)をめざしたい」と思ったら、正社員登用制度を活用してチャレンジすることができます。業務責任者の約40%が契約社員から正社員になったメンバーで構成されているコンタクトセンターもあるほど、正社員登用実績は豊富です。

トランスコスモスには、通信業界での操作案内、公共系の自治体などの申込み受付、金融・流通系の、商品やサービスに関する問い合わせ対応といったインバウンド業務を中心に、多様なお仕事があります。また、交渉力、傾聴力などのコミュニケーション力や、ExcelやPowerPointなどのPC・事務のスキルが身に付きますので、将来のキャリアアップの選択肢も広がります。

会社としては、高度化するテクノロジーに対応し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進、AIやメタバースの活用なども行っているため、時代の流れに遅れることなく、さまざまな情報に触れる機会があります。

コールセンター・コンタクトセンターに興味がある方、将来は正社員をめざしたい方、キャリアアップしたい方は、トランスコスモスのコンタクトセンターで契約社員から始めてみるのはいかがでしょうか。採用では面接ではなく面談を行っており、履歴書不要で何でも質問・相談をしていただけます。

この記事をシェアする

コンタクトセンターにご興味のある方は、こちらへ
北海道(札幌)仙台首都圏(横浜)
西日本福岡大分宮崎沖縄